上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持込みで上京した時の話のつづき。

持込み後にこの人と再会

ヤマダ

ヤマダ(仮名)

漫画ゼミ仲間。
学内の表現コンクールで露出狂が出てくる話を描いて入賞した。
石川亜沙美に似ているので知り合う前は心の中で勝手に亜沙美と呼んでいたことは今初めて書いた。


ヤマダ「王子はむっつりスケベだよ」

スルメ「えっ、はっきりスケベだよ!」

ヤマダ「いや、漫画の話。下ネタに照れがあるっていうか…」

スルメ「ああ…」

という話題やら思春期の暗黒面の話をしつつ原宿に行きました。
もっとお洒落に(間違った方向に)必死だった頃は原宿って憧れだったなぁなんて思いつつふらふらと買い物。
ヤマダちゃんが避暑地のお嬢様が被ってるような帽子が似合いすぎていた(買ってた)

そして体験コースが安かったので試してみた占いですがなんかもう

かず1

かず2

かず3

かず4


思ったより面白くてこりゃハマる人の気持ちわかりますわ。
スランプ中だったら多分延長してたな…。

カズちゃんネタにしちゃってますがすごく良かったです。
「2人が頑張ってるのが伝わってきて、いい鑑定ができました。こっちもパワーもらえましたよ」
って言ってくれて、いいスタンスで鑑定されてる方だなーと思いました。


帰りの夜行バスまで呑み屋で呑まずにまた漫画の話。
からの、ゼミ仲間に似合う彼氏を勝手に妄想する話で盛り上がる(素面)
エヌイちゃんのツンデレ彼氏像はかなり形になってたな…。

ヤマダ「王子は漫画もそれ以外も管理してくれるような人がいいんじゃない。バクマンの平丸と吉田みたいな」

っていう話にハッとした。
確かにバクマンでいえば平丸先生タイプかも知れない。
サイコーとシュージンみたいに真っ直ぐに漫画にぶつかっていくタイプとは言えない。
漫画好きだし描くんだけどすぐめんどくさくなって逃げ出して、でも好きだから結局続けるんだよね。


という訳で、ちょっとずつ自分の色んな面が垣間見えたりもして盛り沢山な持込みの1日でございました。
ヤマダちゃんどーもありがとう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。