上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やしゃがいけ

ゴールデンウィーク中にも休みはあるが連休ではないので果たしてそれがゴールデンウィークに含まれるのかよくわからないスルメ王子です。
新作のネタ探しも兼ねてちょこちょこ読んだり見たりしているので気まぐれ感想。

■舞台「夜叉ヶ池」(DVD)

夜中にアマゾンを徘徊していたら安くなっていたので松田龍平目当てで買ってしまいました。


原作が泉鏡花ということで,学生時代に授業で泉鏡花に触れた時は「解説があれば面白いけど一読してはわからない」という感じだったのですが舞台版は思ったよりコミカルな要素もあっておもしろかった。

前半の松田龍平のちょっとウザい不思議ちゃんみたいなやりとりが可愛かった。
何故あのタイミングで眼鏡をかけたのだ。

武田真治はなんというか90年代のかっこよさだなぁと。
時代遅れという訳ではなく,少し影がある感じというか象徴としてのかっこよさみたいなものが。
どうでもいいけどDVD見たのと同じ日に「めちゃイケ」で敦史とグミを口移しリレーしていた(萌えた)

美術は美しかったのだけど個人的には水の要素がもっとわかりやすくあってもよかった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。