上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MAJIで告知しかしてないDIARYですみません。
スルメ王子です。

淑徳大学現役&OBによる自主制作映画祭【MR映画祭】で販売予定のパンフレットにエッセイ漫画10ページ掲載されます!
部員の方はもちろん、自主製作映画に興味がある方には楽しんでいただける漫画を目指しました!

ムビ①サンプル


映画祭&パンフレット詳細です~

21日の映画祭に出没します。
映画館で僕と握手!


【MR映画祭】

日時:3月20日(木)21日(祝・金)

時間:18:40開場 19:00開演

場所:名駅シネマスコーレ(名古屋市中村区椿町8-12アートビル1F)

入場料:500円(一律料金/1日につき) 上映予定作品:5作品

パンフレット:A5サイズ 250円
(※エッセイ漫画はA5に見開きで1ページの計5ページ掲載)


_____________________________ ここまで告知


近況など。

先日は同じトキワ荘プロジェクトで入居している漫画描き仲間がロシアの国営放送の取材を受けるというので、エキストラも兼ねて見学してきました。

レポーターのロシア人男性がめっちゃ腰パンで半ケツだったことに日本人サイド全員釘付けで「尻の毛深さにロシアを感じる」とか言ってた。
でもお茶目でダンディなおじさんでした。

ドキュメンタリーにもシナリオや演出というのはあるのだなと実感。
それが行きすぎるとやらせとか言われるんだろうけど、伝える為の大袈裟な演出というのは必要と言うかあった方が楽しいよなーと思いました。

私はシェアハウスのキッチンで談笑し、時には意見をぶつけ合う漫画描き仲間…という感じでちらっと出演しました。

そんな訳でちょっと映像づいているここ最近。

数年前、就活でへとへとになっていた頃の大学の帰りの電車の中でふと思ったこと

「もう、これから映画や映像に関わることはないのかも知れない。」

漫画でお金をもらえるようになるにはまだ足りない。
映像の仕事をしながら漫画を描く体力が自分にあるとは思えない。
食べる為の仕事をしながら漫画と映画の両方を続けるのはきっと難しい。
どちらか1つを選ぶとしたら、漫画を選ぶ。

そんな風に考えてた。

いい意味で予想は外れることもある。

食べていくほどのお金が発生するのは難しいにしろ、どんな風にだって関わっていく方法はある。
まだ私が知らなかったり想像できない範囲でもきっともっとある。

死なない程度に楽しく生きていきたいですね(何だそりゃというまとめ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。