上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
simauma.jpg


ここ2日のこと(やたら長いよ)

5日

仕事をいただいてる会社で使うかも知れないということで、絵コンテを描いてるところをShin先輩に撮影してもらう。


・絵を描いてるところをじっと見られる

・カメラを向けられている

・真面目な格好とシュチュエーションでカメラを向けられている(変な役しかやったことないので)


ということに緊張してものすごい手汗でものすごい震えながら絵を描いた。先輩のカメラテクをもってしても恐ろしい映像になっていると思われる。


撮影後、学校で捕まえた魚肉と3人であんかけパスタを食べる。

「『蛇にピアス』を見た、えろい」という頭の悪い感想を喋っていたら「『さくらん』見たときもそんな感想喋ってなかった?」と突っ込まれる。
更に「ハッ!蜷川監督親子は揃ってS●Xシーンに騎●位がある!」ということに気付いて1人でテンションを上げ、失笑を買う。

ロッキー君(おしらせ(CM)参照)のCMで使った部分以外の映像を見せてもらった。魚肉がロッキー君よりイケメン社員に反応していた(笑)2人でイケメンと犬という組み合わせは素敵、という結論になった。

それから創作と営業の話とか。ためになりました。

魚肉が卒制という名のラビリンスの為に帰宅、特に予定もなかったので先輩と2人で撮影で使ったロケ地巡りをすることに。


まず近所に住んでいる先輩(夜勤が多い)の家を襲撃するが残念ながら留守。ポストを覗いて生存確認をして去る。


雑貨屋コレコーレに。

アクセサリー、アンティーク、古着、玩具、古着、骨董etc…とにかく何でもありで、そのくせブースごとにちゃんとまとまった空間が作られているすごい店。1店何役もこなせるぜ!というかんじ。

本と小物と時計を購入。
この時計が、欲しかった条件(デザインが好み、軽い、安い)を全てばっちり満たしてて大満足。


コレコーレで散々長居した後、昔Y川先輩がバイトしていたというラーメン屋に。
それからミシン神社(ミシンという役の子がいた場所なので自分たちはそう呼んでいる)にお参りして帰宅。


6日

夕方から「シネマインプレッション」の為再び名古屋に。

お昼過ぎにShin先輩と合流し、魚肉のバイト先である「シマウマ書房」に。


半地下になってるこじんまりした可愛い古書店。
「先輩が好きそうな本もいっぱいありますよ~」と言われてたんですがまさに好み!
そんなに広くはない店内ですが、棚ごとに気になる本があるのでなかなか動けない…。

デザイン、映像系の本も多かったので先輩も感心してました。

小一時間ほどじっと本を選んでいたら大学の小説ゼミのS水先生がいらっしゃいました(笑)
よくいらっしゃる(講演会とかもする)という話も聞いてたんですが、まさかのご本人登場\(^o^)/

店主、先生、先輩の3人が名古屋の映画事情の話などで盛り上がっていたのをいいことに店員さん(魚肉)を売り場に連れ出してオススメの本の話などしてもらう。

店内にはゆるーい感じのマイナーな歌手(自分が知らないだけなのかも)の曲が流れてる。

そういうのも含めて素敵な空間でした。長居してしまった。


それからその近辺の古本屋を流して、神社があったので入ってみた。

外から仏像が見えていたので近くに行ってみると柵があって「寄付をした人しか拝めません」みたいなことが書いてあった。え…?仏像ってそういうものなの???
仏像は避けて中に入ってくと「懺悔文」という看板の前に赤ん坊の像が軟体かあってその周りにおもちゃがいっぱい飾ってあった…。
それ以外にも普通の神社であんまり見ないものが色々あってスポット的にやばい場所なんじゃないかと不安になって「やばいっすやばいっす」と騒いでましたが、先輩は紅葉が綺麗に撮れるスポットを探すことに夢中で一向に気にならないようでした(さすがのプロ)


名古屋に移動し、お好み焼きを食べてからいざ会場に。

既に関係者であろう人たちでシネマスコーレ前が賑やか。


名古屋では初のインディーズ映画祭ということでしたが、会場は満員。
ノミネート8作品はどれもレベル高くて、話がちゃんと面白いものばかりでした。
短編って抽象的なものとか実験的なもの(ツボにはまれば面白いけど伝わらないとよくわからない)も多い気がするので。


作品ごとに監督挨拶と司会者インタビュー、支配人インタビューを挟むんですが、司会者のシーナさんの喋りがツボにはまってそこで一番笑ってたかもしれない。

核戦争中の社会での戦いを描いた作品の後に

「僕は核戦争が起こったらさっさと死にたいですね!生き残った方が大変そうなんで!」って言ってたのが特に(笑)
それに対して監督も「僕は人裏切って生き延びますね」っていう返しもすごいけど(笑)

で、結局その↑「ZERO」という作品が最優秀作品でした。
自主制作で「ファンタジーの世界」で「アクション」を安っぽくならずかっこよく撮ってたので納得です。

優秀賞は「mobile messeage」という作品で話がダントツに面白かった。


そして~惜しくも!我らが「Art on the nail」は3位でした。2位と6票差とかだった~(><)
でもあのラインナップで3位はすごい!

ちなみに授賞式グダグダでした(笑)え?もう発表すんの?賞状読むの?
という感じでスタッフもちゃんと段取りしてないっていう(笑)

でもそういうことも含めてアットホーム感のある楽しい映画祭でした。後輩ちゃんたちにも沢山再会できたし!
由衣ちゃんに「絵コンテお疲れ様でした」って手作りクッキーまでもらってしまった…うれしい(;ω;)


皆様お疲れ様でした!
特にShin先輩には恐ろしくお世話になりました…勉強になる話も沢山聞かせてもらった上、奢ってもらいっぱなし…もう足も頭も向けて寝られない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://surume1119.blog13.fc2.com/tb.php/16-29df2b23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。