上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.22 コクリコ坂
コクリコ


水沼部長-!!!
久々に眼鏡好きの心が震えたよ。

そんな訳で「コクリコ坂から」観ました。
面白いというより好きな映画。
恥ずかしいほど真っ直ぐでノスタルジック、というのをジブリでやられるとたまらないね。


寮生活の話がまず男女問わず無条件に好きなのだけど、この作品は男女の寮それぞれの良さが味わえて贅沢。
女子ばかりの下宿の美味しそうなごはんをはじめとしたきちんと生活してる感じ。
男子寮の乱雑な中に秘密基地みたいにそれぞれの好きなものが詰まってる感じ。


特にカルチェラタン(男子寮)の場面は何回も観たい。
画面の端に映ってる寮生や寮に手伝いに来る女の子たちをじっくり見たい。
パンフレットで宮崎駿が書いていた「時間の流れ、空間の描写にリアリティを」「(登場人物全員を)それぞれにクセはあるが共感できる人にしたい」という狙いは成功だと思います。


なにやら久々に感想らしい感想。
さてネームしよう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://surume1119.blog13.fc2.com/tb.php/161-b7038b92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。