上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yonosuke.jpg


後輩のゆきちゃんと横道世之介を観に行く。

特別なエピソードじゃないのに、その時その場にいた人だけが分かる面白さを共有させてくれる映画だった。

いい奴だけど空気は読めない,頼りないけどここぞという時に間違ってない。
そういう世之介のことを気付くと自分の過去の友達のように思えてくる。

クールでゲイの加藤(綾野剛)が世之介のことを思い返して笑う場面は無性に泣けた。
加藤だけじゃなく,世之介のことを思い返す時登場人物たちは笑っているんだけど,笑っている姿を見ても泣けてくることはあるんだなと思った。

綾野剛の恋人役が眞島秀和っていうのが個人的に興奮した。

日常をモチーフにした作品が多い中で,その良し悪しの分かれ目はどこだろう。
ということを以前から考えていたのだけど,いかに観ている側を身内に出来るかなんじゃないかとこの映画を観て思った。
身内ネタは誰にとっても面白いものだから。


それにしても高良健吾かわいかった。
邦画好き界隈の中でのアイドル的存在の俳優さんというのがいるけど(例:松田龍平,瑛太,加瀬亮など)
その中では弟的存在。

「健吾になら連帯保証人のハンコを押す」

「健吾に勧められたら布団もツボも買う」

などと話しながらパスタを食べた。
野菜のクリームパスタがおいしかった。スライスしたじゃがいもとか入ってて。



今年こそは観た映画をメモしておこうと思っていたのにもう3月。
とりあえず思い出せるだけ今年(初めて)観た作品たち。

「エイトレンジャー」
「ノン子 36歳(家事手伝い)」
「ヘルタースケルター 」
「ムーンライズキングダム」
「ted」
「それでも,愛してる」
「横道世之介」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://surume1119.blog13.fc2.com/tb.php/263-7eca891e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。