上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイト最終日は女子トイレが大破したという引き継ぎからはじまりましたスルメ王子です。

osewa


バイトという立場の身軽さもあったとは思いますが,楽しく働けました。
スタッフが皆いい人ばっかりだった。

前の職場を辞める時は「漫画をがんばりたい」と「仕事が辞めたい」の気持ちが競っている状態で,どこかで「逃げただけだろ」と思う時があったので,次に仕事を辞める時は前向きなきっかけで辞めたかった。
ちゃんとそれが出来たので良かった。

ここのところ前向きですが,大体いつも後ろ向きなので前向きな気持ちに慣れない。
前向きなこと言った後で「えらいこと言ってしもうた…」という気持ちが拭えない。
こないだいつも前向きな10年来の友人が「謙遜は極力しないことに決めた」と言っていてすげぇなって思った。

だけど本当に時々,1年に2,3回自分を「これでいいのだ」と思える時があって,その気持ちは否定しなくてもいいんだと思う。

そんな気持ちの整理はともかくとして,引越しの整理が相変わらず全く出来ていない。
そろそろ本気を出さねば。


忘れない内に最近観た映画メモ。

・「愛を歌うより俺に溺れろ(実写映画)」
元KERA読者としては楽しい映画だった。キャスティングも絶妙。

・「ワーキングホリデー」
相方の贔屓の役者さん目当てで観たのだけど予想外にすっごく良かった。
見た目は何も変わっていなくても,ちゃんと前に進んでいるのだというメッセージが心にすとんと落ちて泣いた。

・「舟を編む」
デビュー当時からの松田龍平ファンである後輩ちゃんと,舞台挨拶つき上映会に行った。
10年前,まだ何の面識もなかった後輩ちゃんと私は「青い春」の舞台挨拶の会場にいた。
そして今こうして同じ場所にいるのは不思議な感じがした。

映画はものすごく良かった。
静かな情熱の力はすごい。
上映がはじまったらもう一度見たい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://surume1119.blog13.fc2.com/tb.php/265-504f16ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。